FX用サインツール「あれ」です!

目次

あれ。について
あれ。の使い方
推奨の運用・資金管理
MT4プッシュ通知の設定
機能説明
あれ。を利用したEA自動売買
免責・利用規約
販売価格
FX口座開設
Discordグループ
よくある質問
アップデート情報
参考画像
バックテスト

あれについて

MT4用のサインツールです。アラート条件を満たせばアラートが発生します。
メールにも対応していますのでご使用のメールアドレスにも送信することができるため外出先でもサインに合わせてトレードを行うことが可能です。

あくまで裁量の補助として使用するツールであるのですべてサイン通りに取引することは推奨していません。サインを参考にご自身のトレードルールに則り適切なエントリーポイントを選んでいただく必要があります。

テクニカル分析の戻り狙い、順張り風のツールです。
経済指標や要人発言、また地政学的リスク等ファンダメンタルズが優位な相場での使用には向きません。テクニカル分析が有効である相場を判断し適切な利用をお願いしています。

ページトップ

あれ。の使い方

条件を満たしたところでサインがでます。過去のサインに関してはリペイントします。リアルタイムで稼働している場合少しずれた位置でサインがでますがサインが出た価格よりも条件のいいところでエントリーするようにしてください。

経済指標や要人発言がある場合は使用を避け、サインがでてもエントリーしないようにしてください。

ページトップ

推奨の運用

推奨の通貨ペアはバックテスト通りGBPJPY5分足設定です。

エントリーサインがでたらその価格よりも条件のいいところでエントリーしてください。その後ボラティリティに合わせて5~20pipsのTP設定をしてください。エントリーポイントがBuySell逆転したときは反対のポジションを決済し損失確定するか持ち続けるかの判断をしてください。

テクニカル的なトレンド転換にはある程度ついていきますがファンダメンタルズ的なトレンド転換はテクニカル分析から外れてしまうので歯が立ちませんので割り切って利用してください。

ブレイクアウトによりさらに利益が見込める場面がありますが、あれ。を利用した推奨運用ではありませんので自身の裁量で判断して行ってください。

大きく流れが変わる前に持ったポジションは長期間処理できない場合がありますので手動での処理が必要となります。
どういったところで大局が変化しているかはバックテストより見ることができます。

例)アラート発生→発生価格よりもいい少しいい条件のところでエントリー→10pipsほどでTP決済を入れておく(FX業者によって最低pipsが異なります)

推奨の資金管理

推奨証拠金維持率は1000%以上です。
100万なら1Lot、10万なら0.1Lot、1万なら0.01Lotです。
開始金額は必ずメモしておいてください。(原点の基準とします。)
ロジックの特性としてはナンピン無し・高勝率タイプとなります。ただし、相場でテクニカル分析が効かない状況になっている時やトレンドの急転換が起こったときに逆向きのポジションをとってしまうことがあります。
これらのポジションを持ってしまったときに含み損をうまく決済する、損切りしていくことがこのロジックの肝となる部分となります。

資金管理はどのようなロジックでも重要ですのでルールはきっちり守って運用する必要があります。

推奨の運用管理ルールとして
①入金額・またはリセットしたときの額を基準とします。(入金が5万なら5万が基準、入金額を1口と数えるとわかりやすいです。)
②最高でも基準の2倍になったら出金します。(2口分になったら1口分出金)こうすることにより1口分のストックができるため資金が飛んでも基準額にもどれます。週ごとにリセットする方法もありです。
※重要です→損切りはかならず基準額で一度チェックし相場の状況をみて戻りそうになければリセットします。(5万始まり、2万利益の7万が資金としてある状態で-2万の時点で一旦損切りチェック)こうすることにより大負けしても一旦原点にもどります。
④負けても勝率が高いためすぐに復活します。戻ることを期待するより回転数による資金回復に期待して適宜損切りを行ってください。間違っても勝率100%は目指さないように!

※※資金管理のコツは資金が減っても許容できる額で運用することです。決めたルールを自ら破るような行動をする人は負けます。決めたルールを自ら破るような行動をする人は負けます。

ページトップ

MetaTrader4 プッシュ通知の設定

プッシュ通知でスマートフォンへの通知が可能です。

設定方法はこちらへ!
https://www.backstage.blue/mi/mt4push/

ページトップ

機能説明

・FilterMA

トレンド判別しているMovingAvarageからどれぐらい乖離したらサインがでなくなるかを決めているフィルターです。
デフォルトは100に設定しています。カスタムする場合はバックテストで確認してください。

・トレンド判別時間足

トレンドを判定する時間足を決めます。(MTFです)
1分足用に追加した機能です。1分足で稼働させているがトレンド判別は5分足にするといった使い方をします。

時間足によって入力する数値が変わります。

  • PERIOD_CURRENT //現在開いて選択している時間足を取得
  • PERIOD_M1 //1分足を指定する
  • PERIOD_M5 //5分足を指定する
  • PERIOD_M15 //15分足を指定する
  • PERIOD_M30 //30分足を指定する
  • PERIOD_H1 //1時間足を指定する
  • PERIOD_H4 //4時間足を指定する
  • PERIOD_D1 //日足を指定する
  • PERIOD_W1 //週足を指定する
  • PERIOD_MN1 //月足を指定する

数字でも指定できます。

  • NULL //現在開いて選択している時間足を取得
  • 0 //現在開いて選択している時間足を取得
  • 1 //1分足を指定する
  • 5 //5分足を指定する
  • 15 //15分足を指定する
  • 30 //30分足を指定する
  • 60 //1時間足を指定する
  • 240 //4時間足を指定する
  • 1440 //日足を指定する
  • 10080 //週足を指定する
  • 43200 //月足を指定する

ページトップ

あれ。EA

あれのEA版は半自動の自動売買です。完全自動ではありません。
自動で注文、TPの変更設定はされますがポジションの整理等を適切に行う必要があります。定期的にパラメーターの最適化を行いパラメーターの調整も行ってください。
サインがでたタイミングでエントリーを入れておけるよう機会損失を減らすことを目的とするためにEAの形で組んでいるものです。

バックテストのデータはページ最下部にあります。

バックテスト

ページトップ

免責・利用規約

※当ページの内容に同意いただける方のみご利用ください。ダウンロードされた時点で同意したものとみなします。
※当ホ-ムページの利用規約を必ず確認の上使用してください。
※他者による「あれ」を利用したエントリーポイント配信(画面共有を含む)は禁止しています。ただし、事前に問い合わせがありこちらが許可した場合のみ許可しています。
※転売・コピーでの使用を禁止します。(おためし版を除く)
※EA版は完全自動売買ではありません。適度にポジションの決済と整理、パラメーターの変更をご自身で行う必要があります。


※設定等のサポートはこちらで判断した例外を除き一切行いません。自力で使える方のみ使用してください。または自力で使えるよう勉強と努力をしてください。運用までたどり着けない方は投資には向いていないと思います。

その他利用規約をご確認ください。
利用規約

ページトップ

販売価格

無料版はサインツール版+EA版(バックテストのみ可)
①アラート、矢印のみの表示
②バックテストのみ可能なEA付
無料ダウンロードページ

あれ。有料版(フルバージョン)
販売価格 15,000円(税込)
①アラート、矢印表示
②時間フィルター(1時間毎)
③スプレッドフィルター(指標などでスプレッドが設定数値以上広がっている場合にサインがでなくなります。)
④Push通知
⑤移動平均線の表示、数値変更
⑥本稼働可能なEA付
⑦その他追加機能
GogoJungle

セット販売のため認証はID1つにつき1セットとなります。

ページトップ

FX口座開設

取引はレバレッジの狭いGemForexをおすすめしています。
GemForex
GemForexのリアル口座を開設する

XM Trading
XMのリアル取引口座を開設する

ページトップ

Discordグループ

Discordでユーザーコミュニティを作成しています。無料おためし版等のアナウンス含めこちらでおこなっています。
https://www.backstage.blue/mi/bsbydiscord

ページトップ

よくある質問

Q.ようせいさんと同じロジックですか?

A.いいえ。ようせいさんは逆張りロジックであれ。は順張り寄りのロジックです。バイナリー用とFX用ではサインが出るタイミングが違います。バイナリー用をFX用に転用することはできますが最適化はしていません。

Q.EAの推奨の運用資金設定はありますか?

A.必要証拠金はFX業者のレバレッジにより異なります。またご自身でいくらまで損失が許容できるかということもありますのでバックテストの結果やドローダウンを見てどれぐらいのロットでの運用であれば耐えられるか計算してみてください。許容損失は運用資金の1~3%がいいと思っています。
一定期間デモ運用をすることによりどれぐらいの資金が必要かというシミュレートすることをおすすめしています。

ページトップ

アップデート情報

2020年04月分よりプッシュ通知機能追加

2020年8月分よりFilterMA、トレンド判別時間足設定を追加

ページトップ

参考画像

↑2月半ばからのEA運用(半裁量)
2月半ばからのあれ。裁量取引

バックテスト

おためし版でバックテストを行うことができるようにしています。ダウンロードしてお試しください。

ページトップ